鬼煙管 羽州ぼろ鳶組(祥伝社)

今村翔吾(著)おすすめスタッフ 四街道店 松本

物語は主人公である松永源吾が、弱小火消しを立て直していく形で進んでいきます。前半は仲間のスカウトとそれぞれのキャラクター紹介。後半にはなんと、「鬼の平蔵」こと長谷川平蔵まで登場して共に江戸の町を守るという大変読み応えのある作品です。主人公を筆頭に魅力的な鳶仲間が命がけで火事に立ち向かうー。男が惚れる男の姿がそこにはありました。1度詠み終わった後で2度3度と読み返したくなる。続編が気になって仕方ない。そんな作品です。

1