信長の原理(角川書店)

垣根涼介(著)おすすめスタッフ 市原辰巳台店 小楠

完璧を求める信長が絶対に許さなかった裏切り。しかし2回も裏切られながら、彼が許した人物がただ1人いました。この小説に圧倒的な存在感を放つ、松永弾正(久秀)。朝倉氏攻めの際、同盟を組んでいた浅井氏の裏切りに遭い、絶体絶命の窮地に陥った信長を助けたのが松永。作者の垣根さん曰く、「ここが肝だな、と現地に行って思いました。身を潜めていた岩窟に入ってみたら死にそうなほど心細かったんです。そのとき松永には助けるメリットなんて何も無かった。むしろ殺した方がよかったはずだ。けれど彼は助けた。そのとき、信長の気持がわかったんです。」信長や信長の配下の苦労がわかりやすく描かれており、私は凄く興味深い内容だと感じました。これは織田家、組織崩壊の話です。現代にも通じる今作は、幅広い年代にもよんで頂きたい一作です!

1