INFORMATION 新着情報

  • 天才

    石原慎太郎先生が田中角栄に成り代わって、その破天荒な生きざまを独白する形で書いた小説です。文字も少なく読みやすいので、田中角栄の名前は知っているけど何をした人かまでは知らないといった人におすすめです!当時田中角栄を批判していた著者がなぜこの本を書いたのか、「長い後書き」も良いです!

  • ぼのちゃん

    あの哲学的ギャグ漫画『ぼのぼの』のスピンオフです。ぼのぼのの子育てに奮闘するお父さんがメインのお話になっているのですが、赤ちゃんのぼのぼのがとにかく可愛くて癒されます。シマリス君やアライグマ君も登場するので、『ぼのぼの』とは違った三匹の絡みが見られます。全ページフルカラーなのがまた素晴らしいです。

  • ふるさと銀河線 軌道春秋

    時代小説作家の高田郁先生が書いた現代小説の短編集。元々コミックだった作品を小説化したもの。 鉄道を絡めた心温まる作品が多く、1話目は千葉の車窓を思い浮かべながら読み進める作品です。個人的にはローカル線の車窓から見える家族の物語を書いた「車窓家族」がお勧めです。

  • 123